ラインやメールじゃなく年賀状を出す意味と重要性

ラインやメールが普及した現代だからこそ、新年のご挨拶も、1月1日の0時を回った瞬間に大切な人に送る事が出来ます。
誰よりも先に大切な人に新年のご挨拶がしたい。
でも、本当に速さだけで相手への思いって伝わるのでしょうか?

年賀状は、何日前に出さなければ正月には届かないと、正月に届ける為には、計算しながら書かなければなりません。
どんな写真を使おうか、どんな内容を書こうか。
今の状況を伝える大切な一枚になります。

確かに、メールやラインの様に正月になった瞬間に送る事は出来ません。
ですが、温かさは、デジタル文字よりも、直筆や、家族の写真が載っている方が伝わるのではないでしょうか?
メールやラインを貰っても勿論、非常に嬉しいです。
ですが、メールやラインを貰った人から、お正月のお昼頃に年賀状が届くと更に嬉しいなと感じます。
メールやラインは携帯電話やスマートフォンの機種変更を行ってしまうともう二度と見る事が出来ません。
ですが、年賀状でしたら、イツだって見る事も壁に貼っておく事だってできます。
一括送信の年賀メールと違う年賀状は、イツだって温かく気持ちの中に残るのです。

現に、年配の方は、メールやラインでの新年のご挨拶を失礼だと感じる人も多くいます。
勿論上司や、取引先の方には年賀葉書で出すのかもしれませんが、先輩等もメールやラインでは失礼だと感じてしまうのです。
お友達だって大人になってから、葉書では無く、メールやラインで新年の挨拶を貰うと、良い気持ちはしません。
特に葉書を片方の方が書いていれば尚更、不愉快な思いをします。
日本人は、昔からの風習を大切にします。
季節の行事を大切にします。
温かい年賀状を1枚出してみませんか?

いつも、ラインやメールで出している人に、あえて年賀状を出すと相手の方もあなたへの気持ちの変化があるかもしれません。
絶対に年賀状を貰わないと思っていた人からもらう、それは心温まる事。
大切な人を思って、年末から一生懸命年賀状を書く事。それは相手の事を思いやるという事。
忘れないで欲しいのは、メールとラインと違う事はとても時間がかかるという事。

かかった時間の分だけ、相手に想いを寄せているのです。
手紙は読むよりも書く方がとても大変なのです。
その温かい新年のメッセージを送り手も受け取る側も、大切な伝統としてずっと引き続いて行って欲しいです。
だからこそ、小学校でも今も授業に年賀状の書き方を教えるのではないでしょうか。
昔、年賀状を貰っていた時の気持ちを忘れないでくださいね。