辞めたくてもやめられない年賀状の不思議

最近今年から年賀状やめました、とメールだけの年始挨拶をする方が多くなってきました。郵便局でもハガキは最盛期の半分以下の発行率になっており、手紙離れとなっております。実際私自身も年末の年賀状作成はめんどくさい、お金がかかるといった理由から、ぎりぎりまで作成しないことが多く、毎年慌てる作業です(笑)

しかし皆さんも一度は経験したことがあるかもしれません。「喪中」です。喪中の時は喪に服すので、年始の挨拶は控えさせて頂きます、と年末にハガキをだすと、ほとんどの人は年賀状を送ってきてはくれません。(当たり前かもしれませんが)毎年何気に見ている年賀状ですが、全くこない年はもの悲しさがあり、間違って書いちゃった、といって送ってきてくれた友人の年賀状を大事に眺めたものです。
そうです!毎年何気にもらっているからこそありがたみを感じていない年賀状ですが、友人の近況報告はメールやブログなどとは一味も二味も違ってセンスが問われますし、数年連絡を取ってない友人は、久しぶりでも年賀状なら出せるといったこともできるわけです。現代の複雑な人間関係にもってこいのコミュニケーションツールとして見直されるべきものなのです。
しかし、結婚していない人、子供ができない人、病気がちな人など、様々な問題を抱えている昨今、幸せな年賀状は貰って迷惑、という人も少なくないようです。では新年から後ろめたいマイナスなことを書けるかといえば、そこは縁起でもないので書けないのが現状です。

年賀状とは日々お世話になったことを感謝し、新年もまたよろしくお願いします、という挨拶の手紙です。相手のことをいちいち考えながら文書を変えるとなれば、それはとても面倒で年賀状を出すのも億劫になってしまいます。
ここは自分の現在の近況、忙しいけど頑張っています的な気持ちを相手に伝えるだけにとどめ、自慢にもなりかねない内容を慎めば、新年早々トラブル回避にもつながるのではないでしょうか。

作成するまで時間がかかる年賀状ですが、自分の一年を振り返り、今年の一年を振り返るいい機会なのではないかと思います。出すのをやめるタイミングも、とても難しい年賀状。逆に貰えなくなった時もとても寂しい年賀状です。

どんな年賀状でも、その人らしさがにじみ出て受け取ったときはやはり毎年嬉しいのが年賀状です。私は今年もきっと年賀状を出すことをやめずに、年末どんなデザインにしようか、どんなことを書こうか悩みながら過ごすと思います。